山林情報把握どうする?

 中予山岳流域林業活性化センターでは、効率的な森林情報の調査と把握のために3Dスキャナーによる毎木調査・プロット調査を行うため、OWLという3Dスキャナーを導入しました。今日は納品されたOWLとその運用を実際に体験するために山林へ。

 実際に別のプロジェクトで団地間伐される地域を調査してみました。一定範囲の毎木調査をするには、15m程度の間隔で何点か森を3Dスキャンします。測定ポイントはGPSが記録します。あとはUSBメモリを抜いてパソコンに移動して、賢いパソコン上のソフトがそれぞれのスキャンイメージが繋がっていくように3D合成し、立木1本ごとの樹高や胸高直径(50cmに直径の輪切り)、曲がり判定(丸太の中心線)など、詳細な林分がバーチャルな世界で再現されます。

 こういった情報が分かると、その森林の材積が分かるだけで無く、何点かプロット(観測点)を採ることによって大きな森林全体を推測出来たり、測定範囲内では間伐を行うのにどの木を伐ってどの木を残すべきか判断したり材価の判定をして採算性を検討できたりするのです。

 この機械はそこそこの精度のGPSを積んでいるのですが、別途高性能なGPSと組み合わせて座標を与えれば、立木一本一本が公共座標を持って現場用の端末(例えばGoogle Earthでも可能)の中に再現されて、どの木を間伐するか残すかなどそれを見ながら現場を歩くことも可能になります。

 昔のプロット調査と比べれば隔世の感がありますね。ただし、、林内の下層植物がどうしても邪魔になるのは今も同じですけど・・・(-_-;)。

雨と競争

 全国各地で豪雨による被害が続いております。九州地方を中心とした豪雨により、被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。今日の久万高原もまだまだ雨模様。被災地各地のの復旧もままならないことと存じます。一日も早い復旧を、心よりお祈り申し上げます。

 さて、そんな中ですが森林管理を進めなければなりません。スタッフブログ、今日も山歩きの話題です。

昨日は公告済の若山地区に団地形成のための作業道の線形を検討しに山を歩きました。本来雨予報の昨日でしたが、少しだけずれ込んでできた雨雲の隙間を縫って山を目指しました。厳しい傾斜の続く若山地区、他地域であれば架線も検討されるところかもしれませんが、面積や地形の関係から久万高原地区ではほとんどが作業道施業。道が入らなければ伐捨間伐になってしまいます。

 山歩きになれたスタッフもいれば勉強のために同行した女性スタッフ、0.1tのスタッフも。。様々な思いが交錯して山中行進は続きます(^^。

 日頃の行いでしょう。なんとか歩き終えて車まで戻ったとき、待っていたように雨粒が落ちて来始めました。といっても全身泥だらけの汗まみれでしたが・・(>_<。)。

新たな森林管理システム今年度第2回の打ち合わせ会を行いました

 新型コロナウィルス感染症防止のため、今年度第1回目は縮小して開催された打合せ会でしたが、第2回は愛媛県庁や愛媛県森林組合連合会さんからも参加のある昨年度と同じ全員会が開催できました。

  • 日時:令和2年7月2日 10時~12時
  • 場所:森林管理センター 2F 会議・研修室

 既に公告された面河若山1地区と下畑野川1地区については、経過説明と現在の取り組み状況、今後の実施権配分計画に至る手順と方法が討議され、なるべく早くの施業に結び付けるべく諸問題を話し合いました。

 また、既に意向調査アンケートを終え同意形成活動に入っていく美川地区中黒岩・沢渡の2地区、そして既に公告された若山1地区についても、今まで開けなかった住民説明会を開いていけるか(コロナ禍下で)、チラシなどを使用して周知を進めていけるかなどが検討されました。

 今後、それぞれの地区で具体的な活動を行って参りますが、該当地区の皆様にはご理解とご協力をお願い申し上げます。

Vtol ドローンによる高速・広域空撮を行いました

 6月22日、梅雨が一休みした晴れ間を狙って最新鋭の垂直離着陸・高速無人飛行機(いわゆるVトール・ドローン)による高速・広域空撮の試験を行いました。機体の保有および操縦は(株)ジツタさん、実証試験の参加者は久万広域森林組合と私たちです。

 ちなみに、この機体の性能は時速90kmで90分間飛行可能なので条件が良ければ、1フライトでかなり広い面積を空撮することができます。将来、定期的な空撮による地域の森林や土地利用の状況変化や災害時の被害状況調査など様々な使い方を行っていく方針です。

森林経営管理事業の説明会を開催しました


 新たな森林管理システムでは、町が森林所有者から経営管理権を引き受け、そのうち意欲と能力のある林業経営体に再委託しない森林については、町が直接森林経営管理(伐捨間伐)を実施していく予定ですが、その発注先となる事業体を募る説明会を令和2年6月9日火曜日に久万広域森林組合2階研修会議室にて2回に分けて(感染症対策です)開催しました。

 一人親方で林業をされている方から会社組織とされている方まで、急な予定で来られなかった方以外ほぼ予定された方々がお集まりいただき、新しい事業に熱心に耳を傾けておられました。この事業は息の長い事業となることを説明し、まずは事業者登録をいただき参加いただくようにお願いしました。

面河 若山地区山林の調査に行きました

 経営管理権集積計画の公告を行った面河地区若山の山林のなお詳しい調査のため、活性化センターで山林調査に行きました。県の方、森林組合の方、そしてセンター常駐の町職員の大所帯での山行きです。

 さすが森林組合が行っているプロジェクト事業でも未取り組みの地域だけあって、山は険しく傾斜35度超えの斜面を踏査する行脚は、0.1tを誇る小職には大変厳しく、ついて行けないで皆を待たせるわ、お昼の弁当の時点で既に筋肉痛(T_T)だわ、もう日頃の百姓で鍛えた筋肉とはまた違う筋肉いじめに身体は悲鳴を上げ続けました。
 別スタッフの助言により、帰宅してからは水風呂マッサージ。これが効きました。翌日からが案外楽だったのはこのお陰。もちろん仕上げのビールが美味かったのが一番の効能です。

手持ちのスマホによると、前進スピードが遅いため歩数は正確ではなかったようですが、階段換算で83階を踏破した計算になっていました。あべのハルカスを超えてランドマークタワーも楽勝でクリアしたなヘ(^o^)/。

新装 中予山岳流域林業活性化センターの紹介

 スタッフブログのはじめに、センター建物の紹介をさせていただきますね。

 4月からオープンしました中予山岳流域林業活性化センターですが、久万広域森林組合敷地内の旧木工プラザ建物の中にあります。ここは、森林組合本所の建物が建築中の折りに森林組合本所の仮事務所として運用していた建屋の中の建屋で、古くは前々世代の活性化センターもありました。

 そこが古くなった建屋からの雨漏りや劣化で傷んでいたものを今回修復するとともに、久万林業の看板になるべく久万材展示場スペースも設けて新しくしたものです。

 こちらのスペースは、首相官邸などで見かける積み木壁を「久万材」で積み上げ、もちろん「久万材」による板張りの外観や内装・天井など、ふんだんに久万材の使い道を示した建物となっています(事務所構造は既に存在していたので今回工事は内装改修工事です)。

 あまり写真を載せすぎると、センターに見に来る楽しみも無くなるので、オープンの時の写真以外で少しだけ写真を載せておきますね。

公式コメント以外のつぶやきを載せていきます

 活性化センターのスタッフの田中です。
 4月からスタートした新しい中予山岳流域林業活性化センターですが、役場林業戦略課森林整備班から小野・植本・本藤ADV・田中、そして森林基金からの応援で紅一点のU女史・・の5人が常駐して運営しております。
 また週に2日は愛媛県中予地方局久万高原森林林業課からMさんとFさんのお2人がコンサルティングにみえられます。

 新型コロナ流行の減少傾向を聞いてか、ぼちぼちセンターを見にいらっしゃるお客さまも増えてきました。活性化センターは月曜から金曜の平日、役場と同じ8時半から17時15分まで営業しておりますので、山林や林業事業に関するご相談や、単にセンターを見学したい・・など、ご遠慮なくいらして下さい。

 これからは、公式コメント以外に中予山岳流域林業活性化センターの日常などをスタッフブログに上げて参りますのでよろしくお願い致しますm(__)m。